PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投薬は2ヶ月に一度でOK?

蚊に悩まされる季節になるとお世話にならないといけないのが、
フィラリア予防薬ですね。
昔はフィラリアで死亡してしまうわんこは多かったと思います。
今では薬のおかげでかなり減ってきたのかな?
(うちの周囲ではまだまだ予防されていなくて、
 末期症状が出てから病院に担ぎ込まれるケースがあるようですが・・・)

薬の定期投与でフィラリアに対する脅威が減ると
今度は薬の副作用が気になってくるのは、
わんこ思いの飼い主さんなら仕方がないことかも。
獣医さんは「毎月かならず投薬してください」と言うけれど、
本当に毎月必要なのかな・・・?なんてね。
中には、製薬会社と獣医師とが商売のために薬を売りつけてる!なんて
厳しい意見もあるようだけど、実際のところはどうなんだろう?


フィラリア薬間隔1


わたしがよく参考にしているdog actuallyというサイトで、
「使うリスク・使わないリスク、犬の駆虫剤との付き合い方を考える」という
興味深い記事がアップされました。

使うリスク・使わないリスク、犬の駆虫剤との付き合い方を考える(1)
使うリスク・使わないリスク、犬の駆虫剤との付き合い方を考える(2)
使うリスク・使わないリスク、犬の駆虫剤との付き合い方を考える(3)
使うリスク・使わないリスク、犬の駆虫剤との付き合い方を考える(4)
(本文記事だけでなく、コメント欄も大いに参考になります)

それをもとに、フィラリア予防薬の投与間隔について
できるだけ視覚的にわかりやすいような図を作ってみました。


フィラリア薬間隔2


投薬間隔について語るには、
まずはフィラリアの生態から説明する必要があります。

フィラリアは、L1幼虫(ミクロフィラリア)から成長していき、
L5幼虫を経て成虫になります。

1. フィラリアに感染している動物の血を吸った蚊の体内に、L1幼虫が入り込む
2. 蚊の体内でL3幼虫まで成長する
3. その蚊が犬の血を吸ったさい、L3幼虫が犬の体内に入り込む(フィラリア感染)
4. 感染後3~10日後、犬の体内でL4幼虫に成長する
5. 感染後70日前後、犬の体内でL5幼虫に成長し、血管内に進入する
6. 感染後120日前後、成虫になり心臓や肺動脈に定着する

重要な点は、フィラリア予防薬はL4幼虫にのみ作用し、駆虫するということです。
ほかのステージでは駆虫効果をもっていません。
L4幼虫を確実に駆虫することが大事だということです。

ここで、今年初めての蚊が出現し、犬にフィラリアを感染させるとしましょう。
わたしの住む地域では、4月半ばすぎでしょうか?
(実感としてはもう少し遅いような気がしますが・・・)

それを、上の図のパターン1だと思ってください。

動物病院では、
「蚊が出始めた日から1ヶ月後に投薬を始めましょう」と説明してくれますよね。
そのタイミングを点線で示しています。
蚊が出始めたと同時にフィラリアに感染した場合、
犬の体内ですでにL4幼虫に成長しているので、
投薬により駆虫できることがわかりますね。

ただ、フィラリアに感染するのはいつの時点かは、
実際にはわかりません。
蚊に吸血されても、その蚊がフィラリアを持っていなければ感染しないのだから。
蚊が出るシーズンのうち、
フィラリアに感染する可能性が毎日のようにある、ということです。
それをパターン2以降として示しています。

すると、蚊が出始めてから30日後の投薬で、
パターン5までで感染したフィラリアは駆虫することができますが、
パターン6ではフィラリアはまだL3幼虫なので駆虫できないことがわかります。
そのまま犬の体内にフィラリアは残り、成長を続けます。

2回目の投薬は、蚊が出始めてから60日後ですよね。
パターン6を見てください。
成長したL4幼虫は、60日後の投薬で駆虫できることがわかると思います。

このようにして、犬の体内にいるL4幼虫を定期的に駆虫することで、
フィラリア症を予防するわけです。


フィラリア薬間隔3


前置きが長くなっちゃいましたね。ハイ、深呼吸~

さて、図をよく見るとお気づきになったかと思いますが、
実はフィラリア予防薬を2ヶ月間隔で投与しても、
きちんとL4幼虫を駆虫できるんですよね。
シーズン最初にフィラリアに感染してしまっても、
犬の体内ではまだL4のままですから、60日後から駆虫しても大丈夫なんです。
そして、次は120日後に投与すると、
どのパターンで感染してもきちんと駆虫できるんです。

これが、「投薬は2ヶ月に一度でOK」という理屈につながるわけなのです。


フィラリア薬間隔4


ただし、投薬間隔を延ばすことについて、注意点がいくつかあります。

1. 絶対、投薬し忘れないこと!
 1ヶ月ごとの投薬だと、うっかり投薬を1回忘れたとしても、
 次の投薬でフォローできます。
 しかし、2ヶ月ごとだと投薬スケジュールがタイトなので、
 1週間以上投薬が遅れると、駆虫のタイミングを逃してしまう可能性があります。

2. 確実に投薬すること!
 飲ませたつもりでも、実はあとからペっと薬を吐き出したりしていたら、
 投薬したことになりません。
 フィラリア予防薬は、投薬後4~8時間で体内濃度が最高になるようです。
 つまり、それまでに吐き出してしまっているとダメということ。
 カルドメックやイベルメックのようなチュアブルタイプだと
 ちゃんと食べてくれて吐き出すことは少ないかもしれないけれど、
 錠剤タイプは注意が必要かもしれませんね。

 また、おなかを壊しているときもよくありません。
 腸内の吸収力が落ちていると、十分に薬の成分を吸収できていない可能性があります。
 わんこの体調をよく見て、投薬のタイミングを決める必要があります。

獣医さんが「毎月決まった日に投薬してください」と言うのは、
ひとつは飼い主が投薬日を覚えやすいようにでしょうね。
それと、投薬を忘れたり、成分が吸収されていなかったりする場合があるために、
確実に駆虫できる投薬プログラムが組んであるのだと思います。

でも、本来ならば飼い主が投薬の仕方を選びたいですよね。

わたしは今年から少し投薬の間隔を開けてみようかなと思っています。
いきなり60日間隔はちょっと不安なので、
6週間間隔(42日間隔)にしようかな?って。
毎月だとシーズン中8回投薬するところを、6回に減らすことになります。
そして、重要なのはシーズン最後の投薬です。
ここできっちり駆虫できないと、
来シーズンまでに成虫にまで成長してしまってやっかいです。
わたしは毎年年末近くに最後の投薬をするようにしています。

さて、わたし自身は勝手にこう考えていますが、
獣医さんに小言を言われるかな・・・ドキドキ・・・


< < < < < お ま け > > > > >


デオシート檻1
(とじこめられたー!)


デオシート42枚+4枚の袋が998円で売り出していたGW。
お一人様2袋までだったので、
家族全員で6袋買ってきました。


デオシート檻2
(トイレシートのハウスなんて、かっこわるいな?)


あまりにも大量のデオシートが集まったので、
思わずよつばを閉じこめちゃいました
ちょっと押せばすぐに出られるのに、
なんだかショボーンとした顔で中に入ってましたよ
「出られるから、ホラ、ガンバレ!」と励ますと、
ようやく袋を倒して出てきました。

今までのストックもまだあって、もう押し入れに入りませ~ん!(爆)


↓↓↓にほんブログ村ランキング参加中!↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

↑↑↑おやつタイプなら毎日でもほしいと思ってるよつばに、ポチっ!↑↑↑


関連記事
スポンサーサイト

| フィラリア予防薬とシェルティー | 20:01 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これはものすごく分かりやすいですね。ここまで分かりやすく書いてあるのってどこにもないと思います。
私の頭でも十分わかります。ありがとう!
私もこの元記事を読みましたし、ほかのところでも間隔を伸ばしても良いのではと書いてあるのを読みました。
生物学かな?そういう知識は全くない私は、
たとえば学校で同じに朝顔の種をまいても、早く芽が出てくる朝顔
早く花が咲くの朝顔があるように
普通のフィラリア幼虫よりちょっと成長の速いものはいないのかなあと
馬鹿なことを考えました。
その程度の知識だし、正確的に「あ!忘れてた」っていうことも
あるので、普通に1ヶ月に1度でもいいかなあって。
でも、かーちゃんさんの記事のおかげでよく理解できて、
これで安心して投与を忘れられます(笑)
いまどき冬まで蚊がいますから、ちょっとずつ伸ばして
冬まで投与という方法もありですね。

| らずむっち | 2009/05/12 20:51 | URL | ≫ EDIT

うちの先生は、7ヶ月、11月の投与が最終でいい、と考えられていますが、個人的には、フィラリアって蚊が元々持っている病気じゃなくて、媒介しているだけでしょ、だから、なんとなく(あくまでなんとなく)季節の初めより、終わりごろのほうが怖い気がするんです。で、12月を最終投与にすることに自分で決めています。
なるほど、2ヶ月に1度でも大丈夫なんですね。
よく、1週間づつずらして行く、と言う話を聞きますが、全く問題ないってことですね。今回、1週間づつずらしてみよっかな。確かに2ヶ月に1度と言うのは、相当几帳面な人じゃないと、難しいとは思います。
私、2週間使い捨てのコンタクトを使ってますけど、しょっちゅうわからなくなりますから(笑)
週1とか、月1が無難なのもわかりますね。

| Josh&Kai'sMum | 2009/05/12 21:55 | URL |

そうなんですよね。
意外とキッチリ1ヶ月じゃなくても大丈夫なんですよね。
と言うのも、先代元太がめっちゃお腹の弱い子で
下痢Pのたびに 「治ってから投薬ね」って病院で言われまして・・・。
初めそれを聞いた時は
「え!それじゃフィラリアになっちゃうじゃんかー」って思ったり( ̄▽ ̄;)

それにしても、わかりやすい図! すごい~!
はい。とってもいい仕事しますねーです。 もしや、アタシと同じA型?
え? もしAでも一緒にするなて?はっはっは~(* ̄▽ ̄*)

| gengen2号 | 2009/05/12 23:03 | URL | ≫ EDIT

とっても分かりやすくて勉強になりました。
1ヶ月毎にと言われると、その通りにと考えてしまいがちですが・・・
ワンコにもお財布賢い消費者になりたいな~
ありがとうございます。

トイレシートに囲まれて顎のっけているよつばちゃん、カメラ目線ですね。顎乗せ攻撃、ピースも時々やりますよ。(^o^)

| ピース | 2009/05/12 23:31 | URL |

なるほど~です。
我が家のお隣に池があるので、いつまでも蚊が要るんです~。
かかりつけの病院は基本11月までの投薬なんですが、
我が家は12月までをお願いしています。
我が家もひと月に一回じゃなくて、もう一周ずつ遅らせてみようかな。
忘れそうだからブログにメモ的に投薬日を書けばいいかな~なんて。

よつばちゃん、なんだか恨めしそうですね。
見上げてるおめめがかわいいよ~。

トイレシート、我が家も買い置きしてます。
入りきらないから脱衣所にもあります・・・。(汗

| えっつー | 2009/05/13 05:48 | URL | ≫ EDIT

私にでも理解できたわ~~。
いつも、きっちり調べてくれてありがとう。
勉強になりました。
私の中では<判らないことはかーちゃんさんに訊け>の構図が
出来上がりつつあります~笑。
私も少しずつ伸ばして年末までやってみようかしら。。。

| 拓ママ | 2009/05/13 09:49 | URL | ≫ EDIT

遅くなってゴメンナサイ。

いつもためになる内容をありがとう。

フィラリア薬、当方では4月から12月まで服用しなさい。とのことで、
8錠まとめて買えば、残り1錠サービスでした。
うちは4/27に初回投与しました。
時期的にまだ早いかなと思いますが、毎日行く公園が循環式の人口ミニ小川があり、
結構早くから蚊がブンブンしているので、のませておきました。


バタバタしていてコメできずにごめんなさい。
オフ会は、うちは日曜日ならOKです。皆様のご都合に合わします。
あっ、ファミリー全員が非社交的かもしれませんが、参加させていただいてもよろしいでしょうか・・・?
どうぞよろしくお願い致します。

| YAMATOはは | 2009/05/13 20:00 | URL | ≫ EDIT

図になっているとわかりやす~い。
いつも勉強になります。ありがとう!
トイレシートのまとめ買いウチもしたことあるけれど、
囲ってみようとは思いつきませんでした。
アゴのせて上目づかいのお顔がなんともいえませんね。

| taka3 | 2009/05/13 21:52 | URL | ≫ EDIT

フィラリアってあげる期間長いですよね~
5~11月までまとめて買うと10%引きっていわれたけど、3回分にしました (^u^)
シートすごい~ 
まとめて買うってことないですね~ ^^;
子供のオムツをおひとり様〇個っていうのはnanapapaと買いに行ってたのを思い出しました ^^;

| nanamama | 2009/05/13 22:42 | URL |

すっかりご無沙汰しておりました。
ご無沙汰している間に、ブログのお引越しも
されていたのですね。

フィラリアは、1か月に1度と言うものの、少しくらい
時期がずれても問題ないとは聞いていましたが、
ほ~、こーゆーことなんですね。
MoMoは、暑い国で暮らした一昨年までは、
毎月投与していました。そのころは、副作用なんて
ことは考えてもみませんでした。
しかも、日本に連れてきてから獣医さんに伺った
時も、「今は、冬でも蚊がいるからできれば1年中の
投与をすすめます」と言われました。
けど、まわりに聞くと、みなさん、冬の時期は
投与されていないので、私も12月を最後にして
います。
2か月で1度でOKとしても、やはり、うっかりを
考えると、怖くて、私は、冬季を除く月1派かな?
製薬会社と医師の思うつぼ?

| chama | 2009/05/14 08:10 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます!

☆らずむっちさん

いや~、探せばもっといいサイトがあるかもしれませんよぉ。
個人が書いたブログの記事なんて
なかなか検索エンジンの上位に入ってこないですもんね。
イベルメクチン中毒について調べたときもそうだけど、
知りたい情報がいろんなサイトに細切れになってたり
読んでも理解しにくかったりしたので
「じゃあ、自分でまとめてやろう!」って思ったのでした。
今回も、dog actuallyの記事は参考にはなったんだけれど、
知りたいポイントが各記事の本文やコメント欄に散在しちゃってたんですよね。
それに、タイトルこそ「使うリスク・使わないリスク」だけれど、
使わない(間隔を延ばす)リスクについては気をつけて文章を読まないと
分かりにくいなぁと感じました。
飼い主さんの中には薬や化学薬品に対して感情的な拒否反応を示す人もいるので、
記事を斜め読みして「投薬しない方がリスクがないんだ!」と
早とちりしてしまう可能性がありますよね。
なので、この記事では注意すべき点も明記してみました。
こうやって自分の頭で理屈が理解できると、
住んでいる地域やその年の蚊の発生状況、自分の性格(笑)に合わせて
投薬のタイミングを決めることができると思います~


☆Josh&Kai's Mumさん

関西では11月が最終って、ちょっと早いような気がするな~
特に晩秋の蚊って、夏より凶暴だと思いません?(経験上)
シーズン最初のフィラリア感染の確率が高いのか低いのかはどうなんでしょう?
これは、蚊の生態を知る必要がありそうですね。
もし、蚊が成虫のまま越冬できるのなら、
シーズン最初からフィラリアを持ってる可能性が高いですよね。
卵~さなぎで越冬するなら、まずは成虫になって他の動物の血を吸ってから、
ということになると思います。
2ヶ月に1度というのは、かなりマメで神経質な人向けでしょうねぇ(笑)
その辺は自分の性格を考えて投薬のタイミングを決めるといいと思います~


☆gengen2号さん

獣医さんから「毎月必ず」って言われたら、
そのタイミングを逃すとフィラリアになる危険性があるんじゃ!?って
真面目な飼い主さんは思っちゃいますよねぇ。
こうやって理屈が分かっていれば、慌てる必要はなくなりますもんね。
そして、下痢Pのときがなぜダメなのかもね。
いい仕事って言ってもらえると嬉しいです~♪
そう、わたしはA型ですよ~ん(笑)
こだわるところにはこだわるけど、家の中が片付けられないA型です(爆)


☆ピースママさん

もちろん、1ヶ月ごとに投薬した方が確実に駆虫できるから安心なんですよね。
ただ、それが1-2週間遅れても不安になることはないし、
きちんと投薬ができていれば2ヶ月ごとでもいいんだって
知識として知っているのはいいことだと思うんです。
本当は、獣医さんとこういうことをきちんと議論できるといいんでしょうね。
もう5年、10年たてば、獣医さんと飼い主の関係も変わっているのかなぁ?
わんこの上目遣いあご載せ攻撃って、飼い主の心のツボを押しますよね(笑)


☆えっつーさん

えっつーさん地方でも11月が最終ですか!?
やっぱり、ちょっと早いような気がしますよねぇ。
家の近所の環境も大事ですよね。
池や沼など水が溜まっているところが近くにあると要注意ですもんね。
ただ、フィラリアの幼虫が蚊の体内で成長するには、
最低14℃以上(1日の平均なのか最高気温なのかは不明)の気温が必要らしいです。
投薬を忘れないためには、記録が必須ですよね!
わたしは毎年、目につく場所にあるカレンダーに投薬予定日を大きく書いておいて、
実際に投与するとシールを貼ってます。
今のところ投薬し忘れたことはなかったです(と、思います 笑)
脱衣所にトイレシートですか!(笑)
我が家の脱衣所は狭いので、倉庫代わりには使えないですぅ~

| よつばのかーちゃん | 2009/05/14 19:33 | URL | ≫ EDIT

すごく分かりやすい図ですね!
いつもかーちゃんさんのブログで色々と勉強させてもらってますv-221
ネオたんは今月16日のお誕生日から11月まで飲ませるつもりですが
少しずつ間隔をずらして12月まで飲ませた方がいいのかな?
ちょっと考えてみますねv-410

ネオたんは外でしかチッチしないからシートは使ってないけど
このシートの山はよつばちゃんが何ヶ月で使い切るのかな?

| ネオママ | 2009/05/14 19:42 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます!

☆拓ママさん

いえいえ、こちらこそ色んなブログで教えていただくことが多いですよ~
自分で調べてた情報をこうやって自分で記事にまとめなおすと
情報の整理ができていいんですよね。
逆に、こうしておかないと、せっかく調べたこともすぐに忘れちゃうし(汗)
投薬の間隔を延ばしたときは投薬し忘れないこと、
これだけはしっかり覚えておかないとね!(笑)


☆YAMATOははさん

4月から投薬ですか~
ということは3月から蚊が発生してるということなんでしょうね。
確かに都市部とイナカでは気温がずいぶん違いますもんね。
その辺は飼い主さんが臨機応変に投薬のタイミングを決めるのがいいと思います。
(理屈が分かってるとタイミングを決めることができますもんね)
う○こ袋やLEDライトキーホルダーのおまけより、
1錠サービスの方がいいなぁ(笑)
オフ会は5月31日か6月7日が濃厚そうですよ。
大丈夫、わたしもよつばも非社交的ですから~(爆)


☆taka3さん

フィラリアの生態については図になってるものがあるんだけれど、
投薬のタイミングとの関係まで明記してあるのはなかったですよねぇ。
こうやって図示しちゃうと2ヶ月に1度の投薬でいいことが
明らかになっちゃうのでマズいのかな?(笑)
わたしは投薬の間隔を延ばすことを勧めてるわけじゃなくて、
飼い主が自分で投薬のタイミングを決められるといいのにな、って思ってます。
トイレシートのハウス、なかなかのアイデアだったでしょ?(笑)


☆nanamamaさん

へぇ~、YAMATOははさんのところもそうだけど、
まとめ買いするとサービスしてくれる獣医さんって結構あるんですね。
商売の街、大阪限定なのかしら!?(笑)
トイレシートって買いだめしません?
デオシートの場合、普通に買うと1600円くらいするんですよね。
それが998円になってたら買うしかないでしょ!(笑)


☆chamaさん

お久しぶりです~! あっ、もしかして記事が更新されてるのかな?
またそちらのブログに遊びに行きますね。
暑い国だと1年中蚊がいるから、常に投薬する必要があるのは仕方がないですよね。
日本でも、だんだん冬があったかくなってきているから
蚊がいる時期が長くなってきてるんでしょうね・・・
でも、今のところは1月から4月の間は投薬していない地域が多いと思いますよ。
副作用なんて、わたしも考えてませんでした。
今でも「予防薬という名の駆虫薬なんて絶対投与したくない!」とは考えてないです。
ただ、どんな薬でもいつ副作用が出るかはわからないから、
投薬するのは午前中、その後の様子が観察できる日を選んでます。
また、かかりつけの病院の休診日もしくはその前日じゃないようにしてますよ。

| よつばのかーちゃん | 2009/05/14 20:04 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます!

☆ネオママさん

いや~、こう言っていただけるとこの図を作った甲斐があります~♪
実のところ、どんな図にすればいいのかいろいろ考えて、
作り始めては何回かやり直し・・・って、かなり時間がかかったんですよぉ。
とにかく、自分ならこういう図があると理解しやすいだろうなってのを
頭にイメージしながら作ってみましたよ。
ネオママさんの地域での蚊の発生については
ネオママさん自身がよくご存じだと思うので、
飼い主さん自身が投薬のタイミングを決めるのは大事なことだと思います~!
トイレシート、最近は1日に1~2枚使ってるから、
1ヶ月で1袋、6袋あるから半年分ですね。
ちなみに、その前に購入した2袋と
レギュラーサイズが1袋もあります(笑)

| よつばのかーちゃん | 2009/05/14 20:12 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます、すごく参考になりました!
「フィラリア予防薬はL4幼虫にのみ作用し、駆虫する」なんて全然知らなかったし、L○という用語も知らなかった。
勉強になりました。
ウチの獣医さんは4月からの投与を推奨。「できれば3月から投与した方が良い」とまで言ってましたが、3月の早めの蚊がいたとしてもL4の60日対応なら5月の投与で充分ですよね?
「毎月1日に投与したとしても最終の12月の投与は中旬にした方が良い」と獣医さんが言ってたのが?だったのですが、
かーちゃんの説明で1ケ月以上間があいても大丈夫って納得しました。
投与の理論が理解できると、疑問が解決しました。

| 大小ママ | 2009/05/15 02:28 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます!

☆大小ママさん

ただ薬を投与するだけなら、L○なんて用語を知らなくてもいいんですけどね~(笑)
でも、ある段階の幼虫にしか効果がないって、なんだか不思議ですよね。
わたしもその作用機序までは調べてないので、
その情報を知ったらもっと「なるほど!」と納得できるのかも。
シーズン最初の投薬は5月初めでも大丈夫だと思いますが、
その辺は大小ママさんのお住まいの環境に合わせて決めてくださいね。
獣医さんもそんなアドバイスをするんだったら、
もう少し丁寧にその理由を教えてくれたらいいのにねぇ。
あんまり詳しく教えちゃうと、毎月きちんと投与する飼い主が減っちゃうから
あえて説明しないのかな?(苦笑)

| よつばのかーちゃん | 2009/05/16 16:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yotsuba1030.blog92.fc2.com/tb.php/40-d34669a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。