PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

尿検査と狂犬病ワクチン

今日は、よつばの尿検査の日でした。

3月26日の初めての尿検査の結果はコチラを参照してください。
4月2日の膀胱エコー検査の結果と、
4月3日の尿検査の結果はコチラを参照してください。

尿のpHが変動すること自体は当たり前のことなので、
今回の尿検査では、高い、もしくは低い値が続いていないかどうか、
血球や結晶が見られないかどうかを調べました。

結果は・・・
pHは5.9で問題ないとのこと。
血球や結晶は見られませんでした。
どうやら、膀胱炎の症状は治まったようです。

次は、膀胱のエコー検査で見つかった、
砂粒のようなものがどう変化しているかです。
前回エコー検査をしてから1ヶ月後、
連休明けくらいにもう一度エコーで見てみる予定です。
膀胱粘膜もきれいになって、ヘンな物体もなくなってるといいな~。


狂犬病と尿検査1
(ことしは シールが ちょっと かわったな?)


よつばの体調が落ち着いてきたので、
尿検査で病院に行ったついでに狂犬病の予防接種をしましたよ。
いつもはキラキラ光るアルミシールだったのが(昨年のシールはコチラ)、
今年は犬のデザインは同じだけれど、
材質が違って、市の名前が入るようになっていました。
そして、
「当該犬は狂犬病予防注射を接種し、適正に飼育されています」
こんな文章が書いてありましたよ。

狂犬病の予防注射を法律で義務づけてるのって、
飼い犬が狂犬病にかからないようにするためではなく、
犬が媒介して人に狂犬病を移さないようにするための
国の危機管理対策なんですよね。
とはいえ、自国内で狂犬病が発生しなくなってからも
毎年ワクチンを接種する必要があるのか・・・
どうしても疑問を感じてしまいますよね。

とりあえず、万が一狂犬病が流行してしまったときに、
「うちの犬はきちんとワクチンを接種しています」と
はっきりと言うことができるので安心かなと思います。
接種していない犬だと、感染拡大を防ぐために
殺処分されてしまうこともあるだろうし・・・

ただ、狂犬病といった危険な伝染病が大流行した場合、
パニックになった人たちが出てくる可能性があるんですよね。
そうすると、「ワクチンを接種している」といくら主張しても
聞き入れられない危険性があります。

自分の飼い犬をいろんなリスクから守ることって、
考えれば考えるほど難しいなぁって思います。


狂犬病と尿検査2
(もっと いい ごほうびは ないの?)


小難しい話はおいといて。

今年も狂犬病予防接種のごほうびとして、
う○こ袋をもらいましたよ。
たった2枚じゃなくて、10枚くらいあったらいいのにな(笑)


話はかわって、芝生の公園で事件です!


芝生修復1
(イノシシがほった デコボコが なくなってる!?)


無惨に掘り返されていた芝生が取り除かれ、
新しい土が運び込まれたようです。


芝生修復2
(あたらしく しばふを うえるのかな?)


こっちの場所は、すでに土が平らにならされてますね。
このようすだと、新しく芝生を植えるんじゃないかな?
定着して芝が伸びるまでは入れないかもしれないけど、
そのうち真っ青できれいな芝生の広場に戻るといいね~。


ところで。
実はこの場所、ものすごくコバエが多くて、
わたしもよつばも目の前をブンブン飛ぶコバエに閉口しました。
ああいう虫って、どうして目を狙って飛んでくるんでしょうねぇ?


芝生修復3
(もうイヤだー!)


よつばの顔に留まったコバエを激写!
ほっぺの黒い点は汚れでもホクロでもないですよ~(笑)


↓↓↓にほんブログ村ランキング参加中!↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

↑↑↑体重は7.3キロをキープしていたよつばに、ポチっ!↑↑↑


関連記事
スポンサーサイト

| 病気・怪我など | 21:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

よつばちゃん、よくなってて、良かった!!
この調子で早く完治するといいですネ
京都市も今年は、注射済票や、家に貼るシールのデザインがかわりました。皆さんのブログを見ていても、どこもかわいらしいデザインにかわっているようですねぇ
狂犬病は犬だけが媒介するというわけじゃあないようですし、日本の動物輸入にはかなり心配な面もあるし、やはり必要かなぁ~とは思いますけど。今は接種していない犬が相当増えているらしいです。
発症してしまうと、死にいたる病気ですから、念には念をということなのでしょう。今でも国によっては、狂犬病による死亡者がかなりの人数にのぼるところもあるようですもんねぇ 

暑くなる前に、芝生の公園へ遊びに行きたいなぁ~~

| Josh&Kai'sMum | 2009/04/19 14:25 | URL |

コメントありがとうございます!

☆Josh&Kai's Mumさん

今年は一斉に狂犬病予防接種のシールなどが変更になったんですかねぇ?
アンさんのブログでかわいいシールに変更されていたので、
うちも同じシールかなって期待してたんですが・・・違いました(苦笑)

狂犬病ワクチン接種を拒否する飼い主って多いみたいですね~
その理由は「副作用があるような危険なものはイヤだ」ということのようですね。
おそらく、ワクチン接種の目的が「犬が狂犬病にならないように」だと
誤解しているからだと思うんです。
そうじゃなくて、狂犬病ウイルスが国内に入ってきたときに
飼い犬がキャリアとなって人に移さないようにするのが目的なんですよね。

ワクチン接種をきちんとしていれば、
もし狂犬病が流行しても「この家の飼い犬はワクチン接種済みだから問題なし」と
役所がお墨付きをくれるハズ・・なんですが。
この時期あちこちのブログで見かけるのは、
登録証の誕生日の記載が間違ってるとか、毛色の表記がバラバラだとか。
正直、役所にやる気があるのか疑問に思ってしまいますよね。
こんなことで、いざというとき、ワクチン接種済みの飼い犬を守ってもらえるのか?
面倒だから、犬はすべて隔離、殺処分なんてことにならない?
毎年登録料とワクチン代を支払って、愛犬にも副作用のリスクを与えてるんだから、
役所にはきちんとした対応をお願いしたいものですよね。

Mumさんも書かれていますが、
たしか犬以外の哺乳類でも狂犬病のキャリアになりますよね。
海外から動物を密輸入して、その動物が体調が悪くて
こっそり日本の山野に捨てられたら・・・
日本国内で狂犬病が流行するとすれば、こういうパターンじゃないでしょうか?

いずれにしても、流行してしまうと大変なパニックになる
(新型インフルエンザどころじゃないかも)伝染病なので、
何らかの対策は国として必要なんだと認識しておかないといけないと思います。

あら~、なんだかコメント欄で真面目に語っちゃったぁ(笑)

| よつばのかーちゃん | 2009/04/19 21:50 | URL | ≫ EDIT

よつばちゃん、体調もよくなってきたみたいですね。
膀胱炎は繰り返しやすいのかな??(人間だけかな??)

ラムはストルバイトだから、油断すると、すぐ膀胱炎です^^;

狂犬病も、当たり前のように接種していますが・・・
確かにリスクはあるし、本当に必要なのかな?って思うことはありますね。
30分から1時間は様子を見ていないと心配です。

はやく、フサフサの芝生がはえて、またダッシュできるといいね♪

| かおりん | 2009/04/27 16:28 | URL |

コメントありがとうございます!

☆かおりんさん

ストルバイトの場合は、結石が膀胱を傷つけてしまうから
膀胱炎が再発しやすくなっちゃうんでしょうね。
細菌感染が原因の膀胱炎だと、そう繰り返すことはないんじゃないかな?
でも、女の子はどうしても感染しやすいみたいですよね。

狂犬病に限らず、混合ワクチンでも接種後は様子を見る必要がありますよね。
午前中に接種するのが基本だし、
翌日が休診日という場合も避けた方がいいと思います。
散歩も爆走するのはやめて、人が歩く程度のスピードだけにしておいたり。

芝生は、あと1ヶ月くらいで立ち入り禁止のロープがなくなるかな?

| よつばのかーちゃん | 2009/04/29 20:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yotsuba1030.blog92.fc2.com/tb.php/22-bafa0382

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。