PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書録「桜宵」

「桜宵」 北森 鴻 / 講談社文庫

本作はビア・バー「香菜里屋(かなりや)」シリーズ2作目の
連作短編集である。
香菜里屋に集まる客が提示する謎。
店を出ることなく解き明かしていく安楽椅子探偵役のマスター工藤。
そして、謎解きのあいだに出される料理の数々。
これが本シリーズの魅力である。

「桜宵」は、表題作になっているだけあって
印象深い話なのだが、
犬飼いとしてはやはり3話目の「犬のお告げ」が気になった。

会社のリストラ候補者を自宅に招き、パーティーを開く部長。
部長の飼い犬に噛みつかれた客(=リストラ候補者)は、
正式にリストラ要員に決定されてしまうのだ・・・

毎回、パーティーで特定の誰かに寄っていく1頭目の行動から、
マスターの工藤はそのカラクリを解き明かすのだが、
さて、実際にそう上手くいくのだろうか?
ネタをばらしてしまうと、
部長が客に配る腕巻きのひとつに塩をつけ、
塩分を好む犬がその腕巻きに執着することを利用したということなのだが、
はたして犬はそのように行動するのだろうか?

塩分の過剰摂取により部長の飼い犬はパーティー中に死んでしまうのだが、
健康な犬なら、少し多めの塩分を摂取したとしても
自ら水分を多く摂取し、排泄しようとするはずだ。
死ぬほど腎臓を悪化させるくらいの塩分量とは
どれくらいのものだろうか?
かなり濃い塩水に浸けて乾かした腕巻きであれば、
塩の結晶がパラパラと落ちるほどではないだろうか。
さすがにそのような腕巻きを配られたら、
なにかおかしいと客は気付いてしまうだろう。

そんな疑問を持ってしまったのはわたしだけだろうか?

シリーズ1作目の「花の下にて春死なむ」と同じく、
この「桜宵」もスッキリとした読後感はない。
どこかモヤモヤと心の中に残る、嫌な感じがある。
表題作「桜宵」は切ない大人の恋愛話として好きな人が多いようだが、
わたしは死んでしまった妻の行動がとても怖く感じた。

「花の下にて春死なむ」を読み終えたときは
この作風はわたしの好みなのでシリーズを読み進めようと思ったけれど、
2作目を読み終えて残念ながら早くも食傷気味になったかも・・・
関連記事
スポンサーサイト

| 読書録 | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

塩分量

昔は、おみそしるをかけたごはんも平気であげていましたしね。
ドッグビーチで泳ぐわんこもいましたし…。
腕巻ひとつで、少なくともおみそしるや海水を上回る量の塩を
摂取しないといけないのですから、よつばのかーちゃん様の御指摘どおり、
なんだか無理がありそうな気がします。
私、このお話は知らないのですが、ちょっと興味がわいてきました。
推理小説には、ありえないトリックとか、荒唐無稽な脱力系のからくりとか、
よくありますよね(^^;

| 英理 | 2009/08/13 00:17 | URL |

コメントありがとうございます!

☆英理さん

上の記事で説明不足だったのは、
パーティーは何回も開かれているんですよ。
でも、たとえ10回目のパーティーで犬が死んでしまったとしても、
連日のパーティーではないだろうし、
せいぜい週に1度くらいの頻度であれば
死亡するほどの塩分量を摂取するのは現実には難しそうですよね。
過剰な塩分は犬の健康によくないという情報が、
いつの間にか「塩分は全く必要ない」という情報に変換されて、
ドッグフードの中には必要な塩分量にも満たないものもあるそうですよ。
生物が生きていくためには、ある程度の塩分は必要なんですけどねぇ・・・

実は、この短編の場合はこの飼い犬の行動が主眼ではなく、
さらにその裏に隠された事情があるんですよ。
それに、マスターの工藤が語る謎解きは、
その謎を説明するひとつの説であり、真実かどうかははっきりしません。
なので、「まあ、そういう説もあるかもなぁ」くらいに思って
読み進めるといいのかもしれませんね。

全体的にあっさりと読めますし、手軽な文庫本ですので、
機会があったら読んでみてくださいね。
シリーズ2作目ですが、本書から読んでも全く問題ないですから~

| よつばのかーちゃん | 2009/08/13 13:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yotsuba1030.blog92.fc2.com/tb.php/117-5821143e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。